「YAESU FTDX10」使用感と評価(続編2)

百聞は一見にしかずと言います。 動画で確認するのが一番分かりやすいと思い先日のARRL INTERNATIONAL DX CONTEST(CW)の様子を録画しました。 どうせやるならIC-7300と聞き比べた方が良いと思いましたので随時ANT SWを切り替えてみました。 主な見どころはFTDX10のAPFの効き具合(画面の右側下部…

続きを読むread more

「YAESU FTDX10」使用感と評価(続編1)

前回の評価でざっと気が付いた点を述べてみました。 その後使用しての感想です。 USAの著名な受信機評価サイトでの評価ではFTDX10は第三位です。 http://www.sherweng.com/table.html IC7300との比較ではダイナミックレンジで約10dBの差があります、しかし他の項目では大差が無さそうで…

続きを読むread more

「YAESU FTDX10」使用感と評価

FTDX10の使用感 主にCWでの評価になります。 (序) 行きつけのハムショップで「FTDX10」のデモ機が展示開始されました。 前から興味があり、使用してから購入を決めようと思っていたので早速使ってみた。外観はかっこいい、受信音もよさそうだ、しかしもう少し使ってみようと思った、2回目の試聴でサイドがばっさり切れてカタ…

続きを読むread more

年賀電報の想い出

半世紀近く前「JOS」在職中にこの時期は年賀電報に明け暮れていました。 (参考) JOSは長崎無線電報局、JCSは銚子無線電報局 この2局で世界をカバーしていた、所属する通信士は2局で6-700人位いたと思う。 受信所(通信所)には全方位に向けて一辺が500m以上のロンビックアンテナが15度間隔で張られ切り替えて使用していまし…

続きを読むread more